FX3年目の投資家がおすすめの初心者向け投資教科書「マーケットの魔術師」

本も読まずに投資を始めていませんか?

投資ブームの中で、多くの方がFXや株式などの投資を始めています。しかし相場に何も知らないまま足を踏み入れると後で大変な目に合うこともよくあります。

投資経験家者が実際に苦労した点やおすすめの書籍を紹介しながら投資に必要な事を紹介していきます。

FX3年目30代のテクニカルトレーダーの体験談

30代のFXトレーダーです。投資経験は3年目です。主に裁量トレードをしており、ラインや移動平均線を使ったテクニカルトレードをしています。また、マルチタイムフレームを使って上位足の動きを見た上でトレードをするスタイルです。

これまで、マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣 (日本語)  ジャック・D. シュワッガー、ゾーン 最終章──トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスからの最後のアドバイスなどを読みました。

「マーケットの魔術師」を読もうと思ったきっかけはトレードできない不安から

FX投資を始めた頃は特にトレードスタイルもなく、ただ闇雲にトレードをしていました。最初はなんとなくビギナーズラック的に勝てたのですが、気づいた時には大きな含み損を抱え全く成績が伸びませんでした。(むしろマイナス)

どうしたら良いか分からなくなり、しばらくふさぎ込んでいたのですが、そもそも勉強していないから勝てないというアタリマエのことに気づき書籍やYouTubeを中心に勉強をはじめました。

自分の場合は、トレードルールに関しては○○という手法を習っていたのですが、どうしてもメンタル的にうまくできずに悩んでいました。

エントリーポイントが来ても全くエントリーでいないという悪循環に陥っていました。そんな時に「マーケットの魔術師」という本を読んで、心理的なものについて理解ができました。

FX経験年数3年の投資家がおすすめする書籍「マーケットの魔術師」

FX投資本の「マーケットの魔術師」は、トレードルールに関する記載の他に、トレーダーにとっての心理的な側面が書かれており、自分がまさに悩んでいた、エントリーができないことについて書かれていました。

その他にも、売り手と買い手の心理ということが書かれています。 特に一押しなのがトレーダーの心理について。これを読むと買い手と売り手がどのような心理状態でトレードを行っているかよくわかります。

「マーケットの魔術師」はFXでエントリーに悩んでいる人におすすめ

この本を読んでから、エントリーできなかった自分がエントリーできるようになりました。とはいえ、スグにできたわけではありません。何度か失敗しながらですが徐々に出来るようになりました。

メリットが多かったのですが、反面デメリットとしては情報量が多すぎて内容を行動に移すまでにはかなり読み込まないといけないと感じました。この点は自分にとっては難しかったです。

投資初心者に向けてアドバイス

FXを始める人なら誰でも読んでみたほうが良いと思います。

トレードルールを持っていないならトレードルールについても参考になるし、既にルールがある人にとっては、メンタル的な課題を解決するのに役立ちます。