未投資未経験の会社員でも学べる「世界一やさしい 株の教科書 1年生」

ベストセラーの投資本

今回ご紹介するのは、全くの投資未経験の会社員の方が先ずはどんな本を実際に手にとってそして何を得たのか。
この方はちょうど転職をされて以前より、空いた時間が取れるようになったことがきっかけで投資を始められたそうです。

スキマ時間でも取り組める本は、やはり読みやすく、初心者でも簡単に読み進められる本が良いです。
amazonでもレビューが高かったこの書籍から始めたそうですが、やはり、評価の高いものか始めるのがオススメだそうです。
その理由に迫ります。

転職をきっかけに投資を始めた株式

私の投資経験としましては、非常に浅く、投資対象となりますのは、株を中心に考えていきたいと思いました。
私が株を始めたいと思った経緯につきましては、これまでの仕事内容としましては、業務に翻弄される形で、昼食を取る時間もない位だったのが、転職して隙間時間が増えたことでした。

未投資未経験の会社員が「世界一やさしい 株の教科書 1年生」を選んだ理由


世界一やさしい 株の教科書 1年生
ジョン・シュウギョウ

私が、アマゾンで世界一やさしい 株の教科書 1年生を読もうと思った経緯としましては、株の教科書としましては、レビュー数が圧倒的で400を越えていたことでありました。

前職では、仕事を消化するのに必死でありまして、業務に支配されている形でありましたが、新しい仕事内容としましては、とにかく休憩時間が多かったので、それを活かすための手段としまして、投資としての形態を選択させて頂くことにしました。

その中で、アマゾンで書籍を調べる中で、やはり、株が一番投資の初心者にとって入りやすいのではないか?と思ったことがキッカケでありましたのと、シンプルなルールを習得して、投資を完全にまなべることができると思いました。

また、転職して収入が減ってしまったと言う現状もありましたので、確実に投資して利潤を得れる方法を模索しておりました。

株式初心者が失敗しやすいケーススタディから事前に危険なケースを学習できる

私が、世界一やさしい 株の教科書 1年生での投資本として非常にイチオシであった部分としましては、1番ためになる方法としましては、株を初心者で初めて、危ない!と思い始めた時に、どのように行動すれば良いのか?と言う部分がひもとくような形で掲載されておりますので、これは凄いことであると思いました。

ある程度株に慣れてきた頃が1番危ない時期であることは言うまでもないのですが、世界一やさしい 株の教科書 1年生では、困った時にも便りになる一冊で、本当に株で困ってしまった時に、どのように仕切り直せば良いのか?と言う手法が明確に記載されておりますので、株を扱うベテランの方におきましても、初心に帰りたい時につきましては、改めてないようを関心できる程、練り込まれているものであります。

読み返しますと、体に染み入るような形で、理解できて実践できます。

「世界一やさしい 株の教科書 1年生」のメリットは基礎にこだわって丁寧に説明があること

私が、世界一やさしい 株の教科書 1年生を読んでから二回メリットがありました。

まず、投資として選択した株の方法としまして、どのようにして、チャートを読んでいったら良いのか?またチャートとは何なのか?と言うのを徹底して解説してくれておりますので、最高に良い株式投資を始めた一年生が読む本としましては、まさにタイトル通りの内容であり、基礎用語や、基礎的なことや内容が網羅されておりますので、本当に助かります。

一般的な株式投資の本ですと、その方の持論から始まるものでありますので、意味不明なことが多い中で、本当に助かる一冊としまして、重宝しております。また、75日線のトレンドの見分け方等も非常に参考になりまして、ある程度の知識をもっている方でも十分に通用する一冊に仕上がっております。

株式投資初心者に向けてアドバイス

初心者におすすめの投資本としまして、私なりに選定したアドバイス内容でありますが、やはり、最も書籍で流通のありますアマゾンでまずは、評価数やコメント数で判断されるのが最適であると思われます。アマゾンでの信頼性は世界規模でありますので、何を購入するにしましても、アマゾンで購入できる書籍は本当に参考になります。試しに初心者株で検索しましても、多くの本を参考にできる形となりますので、是非、そのような手法で理想の投資本を探して頂きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました