投資初心者のベストセラー「はじめての人のための3000円投資生活」

ベストセラーの投資本

今回ご紹介するのは投資歴2年目で既に資産を増やすことに成功している方の体験談です。

現在は株をメインにされていますが、投資を始めたきっかけは将来への不安から。そんな中、初心者向けの投資本を読んだことがきっかけで人生が大きく変わり始めたそうです。

投資歴2年の初心者でも投資で結果は出せる

現在20代のトレーダーです。投資経験は2年未満でとても日が浅いのですが、株をメインに行っています。サインツールはオーリーアイランドを使用しており、まあまあ稼げております。この調子でこれからも資産を増やせて行けたらと思っています。

ベストセラーと言われている、はじめての人のための3000円投資生活が投資のきっかけになります。

投資初心者のベストセラー「はじめての人のための3000円投資生活」

給与が増加しない、失業やリストラ、しかも年金支給の心もとないなどお金に対する問題はつきません。

そのような時は自力で投資でお金を増やすしかないのです。そんな訳で出資本を読んでお金を増やしてみましょう。無論出資本はなんでも良いわけではないので、出資をやりたいからと言って、もうに株を買ったり、FXを着手する前に、この本を読むと良いでしょう。

お金を安心に持っておく少しばかり危険性をとって運用するお金を使用するトクする仕組みを使って実のところに運用してみ年金と確定拠出年金など未経験者のためにわかりやすく書いてあるものを探しており、初心者でもスムーズに知識を吸収することができるものを探していました。

おっしゃる通りオンラインで検索すればどんだけでも出てくる中身ですが、反対に情報量が多過ぎて読めば読む程、選択の余地の多さに意思決定ができず行動に移せなかった私にはバッチリでした。

ひとまず、これとこれやっとけ。と端的に言ってもらえてわかりやすく、読んだその日に最初にスタートの口座開設ができました。

「はじめての人のための3000円投資生活」に出てくる出資信託って何?

このベストセラー投資本は、出資信託ってなんだろうっという人向けの本だと感じました。

株取引や出資をすると危険性がある、危険性があるなら貯えや貯金の方が良いだろうや、でも銀行やゆうちょに預けても利率が付かないしなぁー、未来のためにわりの良いものはないか」と考慮している人向けの書籍だと感じました。

読む人のリテラシーのレベルによってつく星が変化する本です。

出資をした事がない、今後出資をするのに何を買ったら良いのと悩んでいる人には、きっかけやはじめの一歩を踏み出すにはふ〜ん、出資信託ってそのようなのがあるんだーとポイントになると感じる。

出資というと大損する見込みがある恐ろしいものという心象がありましたが、この本を読むとそれほど危険性が高いわけでもないのだとわかりました。

出資技術もそれほど面倒にないし、出資をスタート出来たくなりました。

サラリーマンでも出来る投資。インデックス出資の実際のところは?

あたかも読者のおおよその方たちと同じ庶民かのように装っています。私はこの事に気づくのに2か月かかりました。

今後この本を読まれる方は、その点に用心です。

利益だけで車が何台も買えるくらい財産があるとの事ですが、裏を返せばリッチ車1台くらいは出資可能な財源があっての話です。

インデックス出資は、手間がかからない、手間がかからないと、呪文のように何度も強調した中身になっていますが、めんどくさがりの人が、なぜ本を書いたり、無料ブログサービスを書いたり手間の必要になる事をされてるのか?

めんどくさがりというのは、著者が自己評価を誤ってるだけで、めんどくさがりではできない出資ではないのか。

世間一般のサラリーマンだったら、本業だけで手一杯なはずなのではないか。とにもかくにも謎が深まるばかりです。なぜインデックス出資がいいのか?というエビデンスや・実のところに着手するには如何にすればいいのか?という流れがとても克明に書かれています。

株式投資初心者に向けてアドバイス

おすすめの株式出資では、買う時よりも売る時のほうが、どんどん簡単ではないと言われます。

投資では特に買った値段よりも株価が下がると、少なくとも買値まで戻ってから売りたいとかんがえ、わりと売る事ができない人が多くいるようです。

出資のせかいには見切り千両、損切り万両という名言があります。ロスが小さいうちに見切りをつける事には千両のありがたみがあり、損害を拡大させないために、水準を満たすまでの損を決心のうえ損切りする事は万両のありがたみがあるという意味合いです。

本を読んでも初心者だとしても頭ではわかっている事かもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました